採用情報

MAIKO

業務部

2003年入社

Profile

これまでのキャリア

まだまだアクリーティブの創業期であった2003年入社。アルバイトスタッフを経て社員へ登用。以来、主に経理アウトソーシング業務を担当。現在は、課長代理として現場リーダーを務める。

プライベートの過ごし方

子どもと外へ遊びに出掛けたり、子どもが習っているサッカーの応援に行ったりと、プライベートは子どもが中心。母として家事もしっかりとこなす。

Interview

入社の決め手は 「『頑張り』をしっかりと評価してもらえる社風」

私はもともと、アルバイトスタッフとしてアクリーティブへ入社しました。
当時は、長く続けられて自分のスキルアップにもつながるような事務スタッフのアルバイトを探していました。とはいえ、それまでに全く事務職の経験もなかったのでほとんど「ダメもと」でアクリーティブの面接へ向かったのですが、縁あって合格。希望の事務職として、働きはじめました。
それからは、初めての事務仕事を経験することとなったのですが、目まぐるしい毎日が想像以上に楽しくてやりがいもあり、自然と、できるだけ長く仕事を続けていきたいと感じるようになっていきました。
そんな矢先にいただいたのが、「社員にならないか」というお話です。タイミングもあって、とても嬉しかったことを覚えています。
頑張ったら、頑張った分をしっかりと見ていてもらえるし、評価してもらえるんだなと実感しましたね。そんな社風が魅力的で、前向きに社員となる道を選びました。
入社から10年以上が経って、会社の規模も体制もいろんな変化がありましたが、責任感をもって丁寧に仕事に取り組んでいただける方には「もっと幅を広げて活躍してほしい」と積極的に社員登用する制度は、今でも廃れることなく活用されています。

経理事務アウトソーシングのプレイングマネージャー

私が担当する経理のアウトソーシング業務は、お客さまの事務を代行するお仕事です。人手もかかるし、納期までの時間も非常にタイトな場合が多いです。提携するさまざまな企業は、業種も業態も、請け負っている仕事もバラバラなので、業務が煩雑。スピードと精度が求められ、かつ、ミスがないのが当たり前。ミスをすれば、大惨事!ということもあるので、責任重大です。
でもその分、ミスなくお客さまに納品できた時には、大きな達成感がありますし、加えて「いつもありがとう」というような言葉をかけていただけた時には、「よし、次も頑張ろう!」と素直に感じますね。とてもやりがいのある仕事だと思います。
また、そういった個人の業務に取り組む一方で、チームリーダーとしての自分の役割も意識しています。
アクリーティブは少数精鋭の組織作りが基本。個人が限られた時間のなかで効率よくベストなパフォーマンスを発揮することが必要です。そのためには、チームとしてミスをなくすための仕組みづくりや、社員・アルバイトスタッフの教育も重要な仕事のひとつとなります。うまくいかなかった事例も、検証して、改善するための方法を考える。また、それを、スタッフ皆にしっかり実践してもらう。その取りまとめ、というか、舵取り役を担うのが自分かなと。
でも、本当は、責任感と自主性の強いチームの皆に助けられてばかりです。組織上は「部下」という立場だったりしますが、メンバーとは、これまでもいろんな困難に一緒に立ち向かってきたので、どちらかといえば「戦友」に近い感覚です(笑)信頼があるから、素直に意見を求めることができるし、時には思い切って「任せた!」って言えるんだと思います。そう考えると、やっぱり自分の何より大事な役割は、どっしりと構えて、そういったメンバーが自由にぶつけてくる意見を受け止め続ける、ということかもしれないですね(笑)

アウトソーシング事業の拡大へ

今後は、お客さまのニーズに沿った経理業務を代行するという枠を超えて、お客様のニーズを「引き出す」ことで、アウトソーシングサービスをこちらから提案し、チームとしての存在感を社内外にもっともっと示していくことが目標です。
常日頃、密にお客さまと接する機会が多い私たちだからこそ、そこから得られる気づきも多いと思うんです。会社もこれまでの事業を幹としてさまざまなチャレンジを続けています。当チームも、派手さはないかもしれませんが、これまでコツコツと蓄積してきたノウハウを、これまでと違ったカタチで発揮できる時機がきているんじゃないかと感じています。人手がかかる分、コスト管理を求められる難しい部署ではありますが、それがアウトソーシングサービスの醍醐味でもあります。それが、会社と、何よりお客さまに貢献できるものにしたいなと、考えています。

TOP