採用情報

FUKI

営業部

2012年入社

Profile

これまでのキャリア

入社以来、営業事務、営業を経験。入社2年目に新規事業の立ち上げに携わる。

プライベートの過ごし方

趣味はサイクリングとビール。サイクリングは本格的なロードバイクで。お酒好きで、休日前には会社の仲間と飲みに行くことも。

Interview

入社の決め手は「気さくで、風通しの良い社風」!

大学時代、クレジットカード会社で事務のアルバイトをしていた経験から、自然と金融業に興味を持つようになり、銀行・リース・信販会社等に的を絞って就職活動をしていました。
そんな中、当社のビジネスモデルを知り、金流と物流のスピードにギャップがある事に共感し、それから単純に「初めて聞くファイナンスサービスだな」と興味をそそられました。
学生時代はあまり馴染みのない「売掛金」や「流動化」といったキーワードが、アルバイト経験からストンと飲み込めたこともあったかと思います。
そして、最後の決め手になったのは「ヒト」。会社説明会で出会ったシニアの方と当時入社3年目の先輩社員のやり取りを見て、気さくな社風が感じ取れたこと、また、東証一部上場企業ながら、自分の意見も言うことができる、風通しのいい会社と感じたことが決め手となりました。この印象は入社した後も変わりありません。

医療・介護事業者向けにファイナンスサービスを提案

現在担当している仕事は、医療・介護事業者向けの、診療報酬を活用したファイナンスサービスの提案です。また、新たな販路開拓の為、営業施策の立案・実施等の営業推進も行っています。
具体的には、病院・クリニック・介護施設・接骨院等がお客様の対象となります。
ファイナンスサービスは、商品をただ売るだけでなく、同時に審査も行わなければならず、ただ売るだけよりも少し複雑で、いろいろな社内の部署が絡む商品です。
顧客への提案から社内調整、会社へのリターン(手間に対する収益)管理に至るまで、お客様の窓口となる営業担当者はすべてをコントロールする必要があります。この点は、上司に言われたからこうするというものではなく、営業担当者の積極的な姿勢が必要であり、当社の権限移譲の風土にぴったりだと思っています。入院患者を抱える規模の大きな病院や、チェーン展開している介護施設等は動く金額が億単位になることもある為、このような大型案件をすべて営業担当者としてアレンジメントし終えたときの達成感が営業の醍醐味だと感じています。

医療・介護分野の営業スペシャリストへ

高い成長が見込める医療・介護分野への注目度はますます高まっています。銀行を始めとした金融機関においても取引を強化する動きが目立ってきています。しかし、国の政策の影響を多分に受ける業界であり、一般的な事業法人との取引に比べ専門的な知識が必要となります。
元々、入社して1年目はFPS(事業会社向けサービス)の営業事務を担当していました。そんな中、「次の成長は?」と考え始めた頃に転機が到来。2年目より、新規事業を担当する部署へ異動することになりました。それが現在担当する医療・介護部門です。当時の社内には、業界の知識やノウハウを持つスタッフは当然なく、チーム全員がゼロベースからのスタートとなりました。だからこそ、試されているという実感もみなぎりました。しかし、現実はたいへん苦労し、業務フローを一から作り上げたり、当時未だ慣れない外回りや顧客の交渉と求められるスピードに必死に食らいついていく日々でした。
こうして、いまや当社の柱になりつつある事業に立ち上げ当初から携わってきた自負があります。今後も変化に富む医療・介護業界の第一線で成長していきたいと考えています。

TOP